ナックルヘッドエンジン

 

ナックルヘッドエンジン

1936年~1947年、フラットヘッドエンジンの次世代として製作されたのがナックルヘッドエンジンです。

ナックルヘッドエンジンは、フラットヘッドエンジンのサイドバルブ方式から、より燃焼効率の高いOHV方式に改良されています。
初代OHV方式のナックルヘッドエンジンは、現代のハーレーダビッドソンのエンジンの礎です。

ナックルヘッドという名の由来は、オイルを潤滑させるためにカバーで覆ったロッカーアームが拳の形をしていたことです。

フラットヘッドエンジンとの違いは、シリンダー下のフライホイールが収まっているクランクケースを小さく簡素にした点、オイルをエンジン全体に行き渡らせるオイルポンプを改善した点、4カムから1カムに変更した点です。

実は1カムよりも4カムのほうが、機構として優れています。
しかし、サイドバルブからOHVに変更したことで複雑になったエンジンの品質を保ちながら量産も可能にするには、4カムの複雑な構造を組み合わせることは難しかったのです。

品質を保ちながらも量産を可能にするには、OHVで1カムにするという条件が必要だったのです。
このOHVと1カムのスタイルは、3世代先のエボリューションエンジンまで引き継がれています。

INFO

おすすめサイト