VRSCファミリー

 

VRSCファミリー

ハーレーのなかでももっともあたらしくファミリーの仲間入りをしたファミリー、それがこのVRSCファミリーです。

VRSCファミリーの定義としては2002年にハーレーダビッドソンが発表したレボリューションエンジンを搭載したモデルを指しこう呼びます。
レボリューションエンジンという名前が示すとおり、このVRSCファミリーに搭載されたエンジンはまさにハーレーにとっては革命でした。
なんといってもレボリューションエンジンは、ハーレー初の水冷エンジンなのですから。

エンジンの熱を自然の風で冷やす空冷エンジンではなく、冷却水であるクーラント液をエンジン周囲に配することで、レボリューションエンジンは空冷エンジンに比べ格段効率的にエンジンを冷却することが可能となりました。
また、ただ冷やすというだけではなく、空冷エンジンに比べて水冷エンジンは、都市部での渋滞時や、連続使用でのエンジンへの負担を大きく減らすことが出来ます。

昔のようにハーレーがどこまでも続く道を何も気にすることなく走ることができた時代ではないからこそ、この現代のニーズにあわせるためにでてきたハーレー、それがVRSCファミリーであるといってもいいでしょう。

INFO

おすすめサイト