ハーレーの歴史 その1

 

ハーレー

1903年、北米のウイスコンシン州ミルウオーキーで、ウイリアム・ハーレーとアーサー・ダビッドソンの二人によってはじめてのハーレーは作られました。

アーサーの兄弟の力をかりながら、当時二十歳そこそこの二人がはじめて作ったバイクが、その後歴史を越えて愛され続けるモーターバイクになるとは、このころの彼らは想像もしていなかったでしょう。
100年以上の時を越え、国を越え、現在もなお愛されるハーレーダビッドソンは、こうしてたった二人の青年によってはじめられたのでした。

このときに作ったハーレーの一号機を作るのを手伝ってくれたウオルター・ダビットソンはこのモーターバイクにのって、兄弟の結婚式場へと走って行きました。
トマトの缶詰を加工して作ったキャブレター、ドアノブ並みに大きいスパークプラグなど、手作り感覚あふれるそれらの部品は、当時からかなり目をひく作りであったでしょう。

この年、1903年に、二人はさらに2台のハーレーを生産し、こうして伝説は始まったのでした。

INFO

おすすめサイト